スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バランス感覚も職人技!!

先日3月4日テレビ東京の「アド街ック天国」歴史かおる文明開化の地「馬車道」編で、土橋稔先生の土橋印房さんが12位にランクインされました。

修業中あしげなく通わせていただいた事を思い出し懐かしく、
先生おかれましても若先生もみなさんお元気そうでうれしくなりました。

(東北での放送はまだかも?)

その放送で紹介された印章の印影を
ご厚意により、ご拝見させてただきました(≧人≦)
先生におかれましては深く感謝申し上げます、ありがとうございますm(_ _)m

そこで「おくろく」さんのお勉強タイム!!!
今日の記事は、
印章(□や○の)枠と字の美しい調和の世界というお話
職人さんのバランス感覚といっても過言ではなかろうか?


あまり前置きが長いのと乱文で読んでる方々も、書いてる自分も眠たくなるので(笑)
ささーっと画像アップw

①先生的配字バランスっぽいもの
haiji.jpg
※おくろくが感じたものをちゃちゃっと書いたつもりなので実物とは違います
 あくまでおおまかな雰囲気を感じてください。

これだけではどう違うのかわからないので、機械的な印に多い
均等割りの配字で書いてみました


②均等割りな配字↓
はいじ
※あえて文字は同じ形を採用


一番わかりやすいのは「田中一印」の「一」の空間処理のしかた!!
目は画面から離して、1文字にこだわらず全体的に見たほうがわかりやすいとおもいます。
枠と文字だけのほうがわかりやすかったかな・・・(´Α`)

①は全体的にバランス良く、円(枠)の中央に文字か配列してるように見える。
②は均等割りだと右側が狭く、左側に偏ってみえる。
特に左上があいてるので円(枠)に対して全体的に右肩下がりの印にみえる

どうです?同じ文字でも雰囲気ががらっと違う!
そう見えない方がいらっしゃりましたら、おくろくの説明があまり宜しくなかった・・・OTZ

また「田中一」のお名前も一字違えばまた配字バランスが変わる
奥が深い!!
そこが長年の経験と、職人の腕の見せ所!!


世界に一つだけの自分だけの印章を持つなら
偏ったバランスのものより
haiji.jpg
のほうが見栄えがいいんしょ♪印章だけに・・・


おやじギャグ
こらまた失礼しました(笑)

さりとて「おくろく」筆を片手に研鑽研鑽、
今日より明日、明日より明後日いいもの作るぞ(`ω´)ノ






「アド街ック天国」馬車道編の詳細は下記のURLでご覧になれます
おくろく余談追記 土橋印房の土橋稔先生は
「横浜マイスター」の称号を冠する先生であらせられます(`ω´)ゝ

馬車道編
スポンサーサイト

いい映画はアクア・ウイタエ(命の水)に等しい・・・かなw

震災後からなかなか映画を見る気にはなれなかったのですが
久しぶりに映画を見よう♪と思い立ち
以前から見てみたいと思っていた
ハンガリー映画 「人生に乾杯!」

あらすじ
主人公 エミルは御歳81歳、ヒロイン へディ は71歳
運命的な出会いで結ばれた二人であったが
今では細々と清貧な年金生活
しかし年金だけでは、足りない生活費
家賃が溜まり、電気も止まり、借金だらけ
仕舞には、二人の出会いのきっかけとなった大切な○○までが借金のかたに(つωT)

そしてついに!!!
主人公81歳のエミルは
1958年製(共産党時代の公用車)の チャイカ

半世紀前のロシア軍人の忘れ物 トカレフ
を片手に
立ち上がるのでした


強盗へ・・・

その勇姿は・・・普通のおじいちゃん(笑)

ハリウッド張りのCGを駆使したアクションも無し
キメ台詞は、御歳ゆえ ゆっくり丁寧 紳士的
歩く速度は時速2キロ(主人公エミルが妻ヘディを連れて)
忘れかけた恋に目覚めw

しかし彼らの逃亡劇は・・・国中に・・・ある二人にも・・・

結末は見てからのお楽しみ(^w^)


久しぶりに胸がすくような
心がさわやかないい映画に出会いました。

「おくろくアカデミー賞」最有力候補(`ω´)b
・・・言い過ぎ・・・そして古い(笑)
いい映画です♪

いい映画を見ると人生が楽しく、ガンバローという気持ちが湧いてきますね♪

こうも暑いと笑ってみますかw

暑い日が続きますね。
いつもならクーラーのスイッチとカチリと押して
冷却された冷たい風をふわっと浴びたいところですが

このご時勢、震災後ともあり日夜テレビで
夏場の消費電力が云々かんぬん・・・節電とありますね。
もちろん、少しでもと思いうちでも節電に励んでおります。

店のクーラーはもちろん、照明も最低限
そんな訳で不思議な現象もいくつか

節電で店が暗いので開店中かお客さんに確認されるw
それは序の口

高校生というと身だしなみも気になるお年頃なのでしょう
うちの店の正面は一面ガラスでありまして
外は明るく中は暗いとマジックミラーで鏡のような現象にならしく
店先で髪型を直す

こっちはお客さん?と思ってみる

目が合う

こっちは店の人なんだからプッと笑ってあげればいいのでしょうが
こっちまで気まずいもんで
じっと見てるのも悪いようなきがして、そのまま視線を横に向ける
また丁度いいところにモップがあるですわ
意味も無く思い立ったかのようなそぶりでモップがけしてごまかしてみたり(笑)

そんな事もあります
そういうときは意外と暑さを忘れるもんですね(笑)

職人の世界 陶芸♪

本日陶芸家
百目木舎(ドウメキシャ)岩田さんが遊びに来られました。
じつは私、地震発生以前
無理をいって
懇願していた「あるもの」がありました!!!
震災時は作品など被害にあったそうですが
とうとう!!とうとう!!!
その「あるもの」の形が出来たとのこと


しかもわざわざご足労頂ました
本当に感謝~(T人T)

早速拝見いたします♪


朱ツボ
ほほ~♪

朱ツボ2
うほほ~い♪

じつはこれ朱肉入れにとお願いしたものです

普通の朱肉入れは平べったく縁の直径以下のハンコしか朱肉がつきませんが
これは
朱肉をこんもりと高く盛って
仕事上デッカイハンコ(七センチ角を越えると普通の朱肉だと縁にぶつかる)用にとお願いしたもの

こんもりとしたカマクラの様な形
ええですね~♪

いまはまだ素焼き前
今後完成が楽しみです♪


手ずくりのもの
というのは
一瞬で気分を高揚・楽しくさせてくれる作用があるのかも知れない・・・
依頼側と作者の一座建立
コーヒーで乾杯・・・一笑一笑w


☆たまには気分転換。気分はへうげもの・・・?☆
(有)古鼎堂
おくろく

中小企業万歳♪勉強会♪

今年もはや二ヶ月が経過
新春講演会等々、第一級の経営者の方々、経営コンサルトの先生方々
いろいろな講師の方々のお話を拝聴できました

知らなかったこと、気付かされたこと、忘れていたこと
年の初めから、初心に戻ったような、すがすがしい気分になりました
ありがたいことですm(_ _)m


さて今回は
商工会議所の主催(だっけ?)にて
新潟県在住の「酒井としお」先生の講演会にて
経営についてのお勉強会がありました♪楽しかった~♪


商売の七つのコツを丁寧にお話頂き
時折体操、笑いも含め講演いただきました♪

うちの商売は~だから、そうはいっても~だからなどと複雑に考えるより
意外と商売のコツ、上手くいくコツって・・・シンプルな発想から生まれるに違いない
もちろん難しいところもありますが・・・(笑)

若手と言っても家業をついで数年
凝り固まっていた頭がまた解された気分でした♪

以前ウルトラDでお世話になった先生のお話も思い出し
気持ちを新たにするおくろくでした♪

経営の勉強というと
会社の利益をどうするかって思われがちですが
お客さんがどうしたら喜ぶか、どうすれば貢献できるのか
ハンコ屋さんも気持ちよく商売したいと思います

来店してくれたお客さんの笑顔は見たいですし♪
楽しい勉強は大歓迎ですね♪

そして、わらくのマスターさん、車屋のまーくん
男三人旅♪さらに話題に花が咲く♪
感謝~(^人^)

本日の格言
「お金の換わりに、頭と手と足を使って商売をする」
「いろいろ試して当たりを見つける、当たった(反応が良かった事柄)ことに資金をかけると成功しやすい」


もっと大切な言葉があったけど
それは思い出の中にしまっておこうwww


PCの調子悪いので今回は写真なし・・・OTZ

プロフィール

おくろく

Author:おくろく
岩手県一関市のはんこ屋さん
「古鼎堂」(コテイドウ)の三代目
「おくろく」でございます

『有限会社 古鼎堂』
一関市大東町摺沢に
現存・営業する印章店
電話番号
0191-75-3154
FAX
0191-75-3595


職業:印章業
一級印章彫刻技能士

趣味:トラウトルアーマン
   合気道(現在合気会二段)
   アウトドア・料理
    
好きなもの
・読書(マンガもw)
・ハンドメイドのルアー♪
(やっぱ手作りさいこ~)

     
   
↑の写真はS・Fujita画    

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。