スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

模刻する♪

またどこぞで安い石を見つけては楽しんでいる「おくろく」

てんこく
磨いてみたらちょっとキレイになった♪
素材的には青田石です

うーん醤油青田石かな?
(醤油色の青田石セイデンセキ なのでそういうらしい)

ということで篆刻・・・
月曜日なのに石をホリデー(彫りday)
さて模刻の題材は

前漢 
漢印 前漢時代の「准陽王璽」
(変換で出なかったのですが 准は さんずい です)
漢印とは前漢・後漢の時代の印を指します
直線的で統一的、全体的に重厚さが魅力の印♪

日本史の教科書にも出てくる
金印で有名な「漢委奴国王」と刻風が似ています



印影(押印したもの)を鏡で見ながら
もこく2
書き写します
欠けたところも極力再現するように書きます

もこく3
次は彫り♪
気持ち少し太めにゴリッゴリッと刀を運びます
多少の欠けや曲がりは気にしない(笑)

もこく4
完成まじか!!あと一画足して・・・

もこく5
押印完成♪

もう少し、線が太くてもよかったかも
よし!!もう一度トライだ(`ω´)b

☆蒐集癖・・・?喜劇に終わったり・・・☆
 有限会社 古鼎堂 コテイドウ
     三代目おくろく

続きを読む

スポンサーサイト

浅田二郎×村尾信尚

近年!!近代史が重要視されるらしいですよ!!

おくろくが学生の頃一番苦手だった近代史が・・・
想像力が働く昔の方がすきでした(笑)
今は近代史も好きになって来ましたがw

「いかに今の時代の恩恵が誰によってもたらされたか!
知らなければ感謝も出来ない」

的な話もちょろっとでました
(趣旨は違う話でしたが)

うーーーん
なるほどな~

「今のお店の恩恵が誰によってもたらされたのか!知らなければ感謝して仕事もできない」
なーんてね♪
(不況不況とはいうもののどこかで恩恵はあるわけで)
感謝すべきは地域のお客様方と先代・初代の苦労ですね

一昨年も
自分はというと親・先代の七光りに守られてるな~
裏を返せば、お客様からのご厚情というか・期待というか・・・
と思うことがしばしば・・・
(現在はですよ現在は!!未来に向けては奮闘中)

そういう事を段々を少なくしていくのが、また今年の(毎年といっていいですがw)一つの課題ですw

さて目の前にもう一つの課題が・・・
年始に注文いただいた篆刻
篆刻だ
図案が決まらない・・・
P・F・ドラッカー「一つの成果をうるためには数千のアイデアを育てなければならない」

やったるぜー!!っと
字を調べ、著名な遺作を紐解き本とにらめっこ
「今出来うる最上のハンコを作る!!」
そんな意気込みあふれる、おくろくです

あっΣ(゜д゜)!!
なんかいい感じ(のハンコの図案)に出来てきた♪




☆日々新たに!そんな気持ちのハンコ屋さん☆
有限会社 古鼎堂(コテイドウ)
三代目おくろく







続きを読む

横目です♪

朝、またいちだんと寒くなってきました
脳みそがスッキリする寒さがええですな~♪

ぴか
朝の太陽は格別です♪

さて今日はハンコのお話
最近あったお客様の改刻注文♪
しかも!!横目の象牙印です(`ω´)b
よこめ
↑たいへん珍しい「横目」の象牙印
うちのカメラじゃこれが限界で・・・

なので図で解説
なんで珍しいのか?それはね
ぞうげ
先ずは①のピンクの枠を見てください

牙を図のように置いて
左から
通常の象牙印は角の伸びる方向に切り出します

それに対して右の
横目の象牙印は縦に切り出します


ではなぜ珍しいのか
コピー ~ ぞうげ
牙って根元が空洞になっています
横目の場合、高さ60mmのハンコの材料にするのに取れる部分は中央部のちょこっとだけ

つまり
高級な象牙のハンコで
しかも横目ってなると・・・贅沢なんです


そして!!さらにもう一つ
手彫りだと、とっても加工しずらい
よこめ
分かりやすいように年輪(?)みたいなところに線を描いてみました

象牙って、人の歯と同じエナメル質ですが
この年輪あたりの硬さが微妙に違うんです
印刀(ハンコを彫る彫刻刀)を入れると・・・いきなり凹ってなるので
いつもより10倍は神経を使います

ハンコ屋泣かせの印材といえます(笑)

↑最近は機械彫刻などで簡単に彫れるようになりました

でも最後の手仕事での仕上げは・・・すごく難しい

横目の象牙
まさか彫る事があったなんて・・・
驚き!興奮!
すごく楽しい♪


もちろん木材・合成樹脂材以外であれば
改刻(彫りなおし)はいつでも受け付けておりますよ
料金も普段より低価格♪
しかもエコ(`ω´)v


☆次はマッコウクジラの牙(象牙より硬質)求む☆
有限会社 古鼎堂(コテイドウ)
一関市大東町摺沢字観音堂27の6
「一級彫刻技能士」おくろく

陶印♪

近くの陶芸家さんから
陶印(陶芸のはんこ)の材料を頂きました

陶芸家さん(百目木舎 ドウメキシャ)とはんこ屋(古鼎堂 コテイドウ)さんのコラボ企画中です
陶芸はんこ
年賀状や祝い事にあったらいいな♪
目出度いシリーズ(仮)

陶芸のはんこ2
「富士山 天気 あっぱれ♪」
真面目なはんこをちょっと逸脱して
パッと見で目出度いようなはんこに試作中


☆有限会社 古鼎堂☆
一関市大東町摺沢字観音堂27番地6
電話 0191-75-3154

練習♪

我がはんこの訓練校よりお手紙を頂きました♪

そこには後輩の作品がいっぱい♪
みんな上手いのなんのって
先輩としてこのままではアカン!!負けてまう!!!

ということでちょいと練習をば♪


今日はボツになったネタを彫ります
割り印
明らかに正字ですねwww
本当にボツネタです(笑)

割り印2
せっかくなので印刀の練習に彫ってみました
上部彫り途中
割り印3
荒彫り(仕上げ前の彫り)完了後、墨打ち(仕上げ前に墨を打つ段階)

イイ彫り具合なのですが
ボツネタはボツネタですね(笑)


続きを読む

プロフィール

おくろく

Author:おくろく
岩手県一関市のはんこ屋さん
「古鼎堂」(コテイドウ)の三代目
「おくろく」でございます

『有限会社 古鼎堂』
一関市大東町摺沢に
現存・営業する印章店
電話番号
0191-75-3154
FAX
0191-75-3595


職業:印章業
一級印章彫刻技能士

趣味:トラウトルアーマン
   合気道(現在合気会二段)
   アウトドア・料理
    
好きなもの
・読書(マンガもw)
・ハンドメイドのルアー♪
(やっぱ手作りさいこ~)

     
   
↑の写真はS・Fujita画    

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。